地球温暖化の現状を調べてみました。地球温暖化による原因や対策、私たちにもできることを実践しましょう。

地球温暖化の要因

2009-11-03
環境問題が深刻化する近年、更に地球上の大気や海洋の温度は上昇を続け、「地球温暖化」による海水面の上昇、異常気象が観測され、人類や生態系そのものにとって大きな脅威となっています。

「地球温暖化」は、地球上において本来の自然由来の問題と人的な要因に分けられます。
近年の20世紀後半における「地球温暖化」の要因としては、人類の産業活動などによって発生した温室効果ガスが主要因と言う説が最も有力とされています。

2007年に国連の政府間パネルが発行した「第4次評価報告書」では、人類が発生させた温室効果ガスが「地球温暖化」の原因である確立は90%以上と報告されているのです。

Posted by warming at 23:47:10地球温暖化 原因

地球温暖化の影響

2009-11-03
「地球温暖化」による影響は、深刻な事態となります。
気温、海水温を変化させる為、海水面の上昇、降水量や降雪量の変化、洪水、酷暑、大型台風など気象状況に様々な影響があると言われています。
但し、近年は特に異常気象が目立ちますが、直接温暖化の原因と結びつけるのは現在のところ難しい様です。

また「地球温暖化」は、生態系にも大きな影響を及ぼすと予測され、大規模な絶滅にも起因すると指摘される声もあります。

気象状況、自然現象の大きな変化は、私達人間の生活、社会にも当然大きな影響を及ぼすとされています。
真水の枯渇、農業や漁業への影響、それによる食料難の深刻化などが懸念されます。

Posted by warming at 23:44:58地球温暖化 被害

地球温暖化の対策

2009-11-03
「地球温暖化」のリスク予測における世界各国の対策は、様々な方法で実施されています。
自主的な努力はもちろんのこと、政策対策や緩和策が進められ、いくつかは有効性も認められる結果となっています。
しかし、「地球温暖化」を抑制するところまでは全く足らない現状で、温室効果ガスの排出量は年々増加傾向にあります。

本来であれば、世界中の各国が同じ目標に一丸となって対策や緩和策を進めることが最も重要なのですが、
原価高騰やコスト面から対策、緩和策に反対する国も存在するのです。

「地球温暖化」対策として、現時点で最も規模の大きい枠組みは「京都議定書」となっていますが、求められる目標に対して達成した国々もある一方で、残念ながら離脱や失敗してしなった国々もあります。

Posted by warming at 23:43:27地球温暖化 対策

京都議定書の議決内容

2009-11-03
「地球温暖化」を抑制するための国際的枠組みである「京都議定書」で議決されている内容としては、
その原因となる温室効果ガスの削減率を各国別に具体的に定めてあります。

温室効果ガスの二酸化炭素、メタンガス、亜酸化窒素、六フッ化硫黄、ハイドロフルオロカーボン類などの削減を、約束されている期間内に削減達成することが求められているのです。

「京都議定書」で設定されている世界各国の温室効果ガスの削減目標は、2008年から2012年までの期間中、温室効果ガス6種類の排出量を、基準年とされている1990年と比べ、最低でも5%削減することを求めています。

Posted by warming at 23:42:19地球温暖化 現状

京都議定書の発効

2009-11-03
「地球温暖化」を抑制するために議決された「京都議定書」の発効条件は、以下にあげる両方の条件を満たしている必要があります。

1.55ヶ国以上の国が締結している。
2.附属書I国の1990年二酸化炭素の合計排出量が、全附属書I国の合計排出量の55%以上。

「2.」の条件については、世界最大と言われる二酸化炭素の発生国アメリカ合衆国が、国内の事情によって締結を見送っているのです。
尚、経済成長、発展をする為には、相当する二酸化炭素の排出はやむを得ないと考えられた為、発展途上国における自発的な参加は見送られました。
ロシア連邦も当初は受入を見送っていましたので、「京都議定書」は2004年まで、発効されていない状況にあったのです。

Posted by warming at 23:41:08地球温暖化 現状

地球温暖化の歴史

2009-11-03
「地球温暖化」に関係する歴史を参考に考えていきましょう。
あまり聞きなれないと思いますが、地球の気温に関しては1980年代前半までは、「地球寒冷化」と唱えられていました。
しかし「地球寒冷化」には根拠が乏しく、数々の学者が科学的に調査するに従い「地球温暖化」となっている事が判明したのです。
実は一般人の間でも「地球寒冷化」の説が広まっていましたが、1988年アメリカ上院公聴会で、「近年の暑い気象は、地球温暖化と関係していることが正しい」と発言されたことにより、「地球温暖化」説が世間一般に広がり始めました。

国際政治においても、1992年6月に行われた「地球サミット」(国際連合会議)で、気候変動枠組条約が採択されて以降、定期的な会合の場が設定されることになったのです。

Posted by warming at 23:39:44地球温暖化 現状

近年の気温変化

2009-11-03
「地球温暖化」とはその名称通り、地球全体の気温が上昇し様々な影響を与えるものですが、過去の気温に比べ実際に気温が上昇しています。

地球表面における現在の大気や海洋の平均温度は、1896年から1900年の5年平均値と比較して、0.75℃暖かくなっています。
過去1000年から2000年前の間では、地球における地表の気温は、温暖期や小氷期などの変動はあったものの、比較的安定していた状態が続いていました。
しかし近年の温暖化は、過去に例を見ない上昇を続けているのです。

「地球温暖化」が唱えられて20年程が経過していますが、人類が発展する為に発生し続けてきた温室効果ガスが地球の環境を崩し、温暖化に向かわせていることは今や誰もが知る事実なのです。

Posted by warming at 23:34:37地球温暖化 現状

地球温暖化に対する認識

2009-11-03
環境に対する配慮や取組みは私達の生活にも密着した形で表れていますので、今や誰もが「地球温暖化」に対する認識を持ち、活動をしています。
では「地球温暖化」は、何が原因となっているのでしょうか?

世界中で注目されている「地球温暖化」は、まさに人類の存続にかかわる内容でもある為、様々な議論が行われています。
「地球温暖化」の原因として最も主流な説は、私達人類が発展する為に行ってきた産業活動に伴い、
「温室効果ガス」を排出したことによるものです。

「気候変動に関する政府間パネル」により発行されているAR4(第4次評価報告書)によれば、
人類が発生させた温室効果ガスが「地球温暖化」の原因という確率は、90%を超えるとされています。

Posted by warming at 23:33:03地球温暖化 原因

気象状況への影響

2009-11-03
「地球温暖化」における気象への様々な影響が観測されています。

世界各地で「異常気象」の増加、気候に与える影響は「気候の極端化」と表される場合もあります。
「地球温暖化」の影響で気圧配置が変化し、従来とは異なる気象現象が発生しているとされています。

問題定義されている気象現象だけでも、偏西風の蛇行による異常気象の増加、日本の気候にも影響を与えると言われています。
アメリカ東部、南東部における海水温の上昇により竜巻が多発、又、世界中で寒い日が減少し、暑い日が増加。
気温は昇温傾向となります。
干ばつ地域の増加、熱波や大雨の発生率増加、大型化した台風の発生、高潮の増加など様々な影響が予測されています。

■降水量の変化
気象の予測は難しく異論もありますが、降水量に関しては下記の様な予測がされています。

・大気の水蒸気量が増加し、平均降水量が増加する。
・降水量の変動する幅が広がり、集中豪雨や逆に干ばつの増加。
・熱帯雨林地帯の崩壊。

Posted by warming at 23:31:09地球温暖化 海面上昇

地球温暖化 生態系への影響

2009-11-03
「地球温暖化」における気象への影響は様々なものがありますが、海洋、社会性、生態系にも影響が及びます。

■海水温や海洋循環への影響
地球規模で気温が上昇することに伴い、当然海水温も上昇します。
普段暖かい海でしか回遊しない魚が寒い海で捕獲されたニュースもここ最近良く耳にします。
海水温の上昇に伴い、次の様な影響が心配されます。

・海洋生態系の変化。
・気温と同様に水温の変動する幅が拡大し、異常な水温減少の増加。
・太平洋の熱帯域でエルニーニョ現象が増強。
・大規模な海流の変化

Posted by warming at 23:29:37地球温暖化 被害
Copyright(C) Smile Blog. All rights reserved.